鹿児島(霧島市・姶良市)エリアで塗装なら当社にご相談下さい。塗装業界でで培った知識で「良い業者と悪い業者の違い」「塗り替えで耐久性の長い塗料と施工法」「壁にあった塗装」「良い見積もりと意味のわからない見積もりの裏側」「適正価格」など色々ご説明できます。

塗料の種類

塗料の比較

メーカーや製品名は様々でも、4種類(グレード)に分類します。

※最近では各グレードの塗料に遮熱効果を付加した塗料もあります。

遮熱塗料について

数年前から各メーカーから販売されている最新の塗料です。
塗装することで、遮熱効果があり、夏場は太陽の熱を反射させ温度上昇を防ぎます。

遮熱塗料の効果(-20℃)

遮熱塗料を塗るだけで、最大マイナス20℃ほどの差があらわれます。

屋根の遮熱の価格は?

通常の塗料価格と比べて、大きさによって多少異なりますが3万円ほど上乗せでかかります。

—ポイント—
直射日光が当たる部分なので、差額も少なくオススメです。

外壁の遮熱の価格は?

通常の塗料価格と比べて、9万円ほど上乗せでかかります。

—ポイント—
外壁は直射日光が当たりにくいので、大きな効果は見られません。
ですので、費用対効果は良くありません。

4種類(グレード)の違い

第1世代 塗料グレード:アクリル系塗料  耐久年数:5~7年

十数年前に開発された塗料で、ひび割れの解消にはなりますが、汚れやすく、耐久性が低い塗料です。
現在はあまり使用されません。

第2世代 塗料グレード:ウレタン系塗料  耐久年数:7~10年

アクリル系塗料の欠点を解消する塗料として、10年ほど前に開発されました。
万能な塗料で細部の塗装には最も適しています。
塗装価格は第3世代の塗料の価格と大差ありません。
現在もこの塗料を使っている塗装業者もあるでしょう。

第3世代 塗料グレード:シリコン系塗料  耐久年数:10~15年

5,6年前に塗料にシリコンを混ぜ、汚れにくさと耐久性を向上させた塗料です。
松元塗装で使用しているシリコン系塗料の中でもセラミックを含有した塗料で、耐久性・汚れにくさも格段に向上させた塗料です。
現在、最も価格的にも機能的にも人気のある塗料です。

第4世代 塗料グレード:フッ素、光触媒塗料

フッ素塗料・光触媒塗装は、まだ一般住宅にはコスト的にも手が出しにくい部分があり、耐久性は高いのですが一般住宅ではあまり使用されません・
フッ素系塗料は、性能的にはシリコン塗料とかわりません。

光触媒塗料は、汚れを分解する効果をもち、最も汚れにくい塗料ですが、耐久年数はシリコン塗料と同じです。
安心の5つの約束
  • 5つのエッセンス
  • MENU
  • 施工の流れ
  • 外壁・屋根塗装工事
  • 特殊工事
  • 屋根・瓦葺き替え工事について
  • 価格表
  • INFORMATIONS
  • 会社概要
  • 施工事例
  • ブログ
  • お問い合わせ
  • 屋根瓦の種類と比較
  • 塗料の種類
  • 塗り替え時期について
PAGE TOP

Copyright © 松元塗装 株式会社. All Rights Reserved.